今シーズン春から桃太郎トマトでフルーツトマトを作ってみようと進めてまいりました。

4段目の結実から水分制限を始めましたが、長雨と日照不足が影響大か糖度も7.5まででした。

軒下で直接雨は当たりませんが、強風時は雨が掛かってしまったのも悪かったとおみます。

概ねどの程度まで水量を落とせば良いのか見当は付きました。

ここで一度株を入れ替えて夏、秋に向け再度フルーツトマトの挑戦を継続して行きます。

株の入れ替えと共に栽培システムも少し変更しました。

藻の発生によりホースが汚れるのでアルミホイルにて遮光してみます。

これからの株は最初の株から脇目を溶岩礫Sに挿木しておいたものです。




スチールラック2台で3スパンで使っていますが、連結方法を画像の様に変更。

ホースの内側に藻が出て黒くなるのでアルミホイルをホースに巻きました。


やっと雨が中休みでしょうか、本日久し振りの太陽。 フルーツトマトにするため、途中4段目の結実辺りから水分調整を始めています。 水分調整すると、それ以降の実の付きは一気に悪くなります。 ちょっと水分を押さえ過ぎかもしれません。 さて4段目のトマトの糖度は7.2でした。 味はどうかと言いますと「甘くて美味しい!」 審議委員からもトマトの風味が強いとの見解でした。 3段目より0.2上がってだけです。若干赤色は濃くなってきました。 同日。ミニトマトのアイコとプレミアムルビーも収穫しました。 プレミアムルビーは甘いとのことで、確かに甘いのですが、風味とか全体的に言うとアイコの勝ちです。 5段目は実が着いているのですがピンポン玉ほどの大きさです。 収穫まで引っ張るか、秋トマトに向け株を入れ替えてしまうか検討中です。 既に脇芽を挿木した苗が準備出来ていて出番を待っています。

強風と雨が重なり、軒下の桃太郎トマトもすっかり水浴びをしてしまいました。 今日雨が上がったので3段目の果房を収穫しました。 途中何度か雨と湿度が高くなったせいか下膨れな感じです。 ここのところ雨か曇りで日照不足です。カットしてみるとあまり赤くありません。 糖度は7.0でした。前回より0.5アップしています。 食味は前回とほぼ変わらず。やはり皮が少し硬くて、口の中に残ります。


礫耕ロゴマーク小.png
アイデアチューブロゴ

※SSL対応で安心です

Copyright (C) 2018  ideatube.Inc. All Rights Reserved.