検索
4回の閲覧0件のコメント

この礫耕栽培システムに使っている培地は富士山の溶岩の粒です。 水捌けは抜群! 根詰まりは絶対におきません。 でも渇きも早いので定期灌水します。 でも定期灌水することにより根の表面に溶液が供給されます。 これが成長が早いわけです。 根は自分で移動出来ないんです。


#礫耕栽培 #水耕栽培 #溶液栽培 #ベランダ菜園 #家庭菜園 #フルーツトマト #れき太郎


15回の閲覧0件のコメント

先日、今シーズン夏収穫を目指しキュウリの苗を購入してきて礫耕ポットに植え替えました。 桜の花も咲き始め夏日となりましたが、一転し遅霜とまさかの降雪。 気を抜いて野外にセットしてしまったキュウリ苗が逝ってしまいました。 同時に植えつけたトマトはさすがに強いですが、キュウリはシビアです。 今回は細心の注意で植え替えを行いました。 根に付いている土は優しく、冷たくない水で洗い流しました。 植え替え後は室内で20度から25度程度で根が活着し、伸び始めるまでここで管理してみます。 生長点が伸び始めたら外の栽培システムにセットします。 さて今回は上手くいくかな。 #礫耕栽培 #水耕栽培 #溶液栽培 #ベランダ菜園 #家庭菜園 #キュウリ #れき太郎


1回の閲覧0件のコメント

やはり早すぎたようです。 桜の花が開花して気温も上がってきたのですが、一転雪景色。 桜が咲いて雪が降るってのは10年に1回の確立だそうです。 キュウリは一度萎えると復活は無理なので抜いてしまいます。 替りの苗は温室(自室)にて管理中。 近日栽培ポットに植え替えますが、しばらくは屋内管理いします。 #礫耕栽培 #水耕栽培 #溶液栽培 #ベランダ菜園 #家庭菜園 #キュウリ #れき太郎


4回の閲覧0件のコメント
アイデアチューブロゴ

※SSL対応で安心です

Copyright (C) 2018  ideatube.Inc. All Rights Reserved.