牡蠣殻の葉面散布の効果はあるか?

 もうかれこれ10年くらい前のことですが、ゴルフ場のベントグリーンの管理で1000倍のクエン酸を散布した結果翌日には葉の緑色が濃くなった。

所説によるとクエン酸が途中のFe鉄分をキレート化させるため植物が吸収できるようになるとの事だった。

他の情報では木酢液を水に溶かすと クエン酸・リンゴ酸などの有機酸 に変化し、クエン酸は人間でいうと血管の通りを良くする云々。  破面散布をするとクエン酸が葉面から吸収されることから、このクエン酸に牡蠣殻を細かく砕いて入れ、クエン酸水にカルシュウムイオンとして溶かし込み破面散布したらどうなるか? カルシュウム不足はチップバーン、尻腐れの原因と言われていますが効果があるかテストしてみます。  しかしテスト用の牡蠣殻がなかなか手に入らなかったのですが、さくや料理屋さんに行って生ガキを頼んで2個ゲットし、宴会をやっていた皆さんの分も分けてもらいテストするには丁度良い量が手に入りました。 取り敢えず第1段階として塩抜きからスタートします。

続く…


18回の閲覧
礫耕ロゴマーク小.png
アイデアチューブロゴ

※SSL対応で安心です

Copyright (C) 2018  ideatube.Inc. All Rights Reserved.